【瓶詰奇耽堂】

ミステリ中心に趣味に走った小説・コミック・映画・音楽について戯言ほざきまくり。(マニアックや悪趣味なのも有り)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
『No Control』-Amazonで詳細を見るTHE BOOM10周年10thアルバム。(1999年リリース)
只今、ニュープライスシリーズで、全12タイトル
(最新の『百景』除く)がリマスターされて再発売
されております。(安いよ)

実は、このアルバムだけ持ってなかったんですよ~。
(あまり好きでない初期のも持ってまへんが)
欲しいなぁと思ってたところに、ニュープライスで再販売。
おまけにリマスタ。 ラッキー。 (但し、人によっては、
オリジナル版とは、リマスターの域を超えた音の違いを感じるとの話も)
内容もめちゃ良かったです。
『極東サンバ』ほどの勢いはないものの、ええ具合に落ち着いてる感じがします。
海外からお土産持って日本に帰って来て、時差ボケ抜けるか抜けんかって感じ。
(次の『LOVIBE』から『百景』にかけては時差ボケが抜けて、完全に日本時間に
戻ったかな) かなり気に入りました。 

しょっぱなの『墓標』は沖縄テイストでかなり凝ってますが、冒頭が妙にコワイ。
『月に降る雨』、コレは意外でした。 BOOMでこういうタイトルの曲はスローテンポ
なのが多いイメージあったけど、この曲はアップテンポでかっこいい。
(シングルやったのか! 知らんかった…orz この時期ちょい浮気してたからなぁ)
英語詞の『SHOOT ME DOWN』は、広がりがあってぐー。

で、ユニコーンの『大迷惑』を彷彿とさせる曲調とコミカルな歌詞、コテコテの
浜村(淳)節が聞ける『大阪でもまれた男』。 これが面白いんですわ。
♪ミナミでサインせがまれた「B'zの宮沢さんですよね♥」と言われてコケた♪
てな歌詞にワロタよ。 実体験でしょか? 大阪は魔界やないよ~。 宮沢さん。
お笑い好きの宮沢さんらしいスカな一曲。

そして、もうひとつ面白いのが、『敬称略』。
歌詞は、過去・現在の日本人アーティストの実名オンパレード。 
同じポエトリーリーディング調の『手紙』よりも、楽曲的にはロックかな。
淡々とに歌う(語る?)宮沢さんの声の良さが際立ちます。(この人の声は世界一
やわv←欲目) 声色はサバサバしててシニカルやのに、内容は各アーティストを
敬愛してる。 その絶妙(微妙?)なバランスが面白い。
「テツヤ頼む金貸してくれ」の「テツヤ」って…もしかしてTKのことですかい?
(歌詞カードでは名前んトコが塗り潰されとるが)
「語り」自体や「語り」からサビ(?)に移る「間」も絶妙。
『大阪でもまれた男』とはまた違った面白さがありますな。

一転して、切なくメロディアスな『不自由な運命の中で』。 すんばらしい。
胸にこみ上げてくるものがある(飲み過ぎやなく)。 何故か涙出ます。
低音の歌声はゾクゾクくるし(いつもこのくらいサラッと歌って欲しいなぁ)、
曲も、憂いと潔さが混在しててめーっちゃかっちょ良い。
こういう、「絶望(悲劇)」というスパイスが効いた、ドラマティックな曲作らせたら
ホンマに巧い。 やっぱ宮沢さんのメロディや歌詞、声はツボにハマるわ。

お次は、これまた宮沢さんお得意のブラックな社会風刺ソング
『Electronic Parade』。 皮肉たーっぷり。曲中のレポーターの滑稽さが笑える。
んで、『島唄』へのアンサーソングらしいけど、歌詞は過激やわ、グルーヴィーで
ロックやわで、『島唄』とはまったく趣が違う『オキナワ』と、攻撃的な曲が続きます。

穏やかな日常に戻った感じの『ありがとう』は、温かな空気に心和む。
『ごはんがたけた』はヴォーカルが宮沢さんやなく、お子ちゃま達ONLYのアカペラ。
言葉遊びの童唄です。
そして、『朱鷺-トキ-』のようにノスタルジックな『故郷になってください』で
優しく温かい余韻を残してフィニッシュ。

そして、このニュープライスシリーズには各々ボーナストラックが付いてまして、
このアルバムには、『月に降る雨(acoustic live version)』が収録されてました。
オリジナルの『月に降る雨』とは、また違った味わいが。
アコースティックヴァージョンだけあって、温もりがありますわ。
ラストの方迫力満点。 どっちもかっこいいです。 (声裏返ってるのはご愛嬌)

昔のインタビューか何かで、「興味がとっちらかってる」てな事を宮沢さん
仰ってましたが、その言葉を証明するようなアルバムですな。
とっちらかり、No Control(制御不能)としながらも、そこはやっぱプロ。
ちゃんと聴かせてくれます。

ほんまにこれは、「なんで今まで買わんかったんやー!orz」って悔しくなる程
良いアルバムでした。

それにしても、宮沢さんの言葉選びには改めて感服致しましたわいな。
『敬称略』の「中野律紀は衣擦れのように歌う」なんて表現は、唸りましたよ。
(中野律紀さんてアーティストは不勉強故存知上げまへんけど…)


【収録曲】
1.墓標
2.月に降る雨
3.SHOOT ME DOWN
4.大阪でもまれた男
5.敬称略
6.不自由な運命の中で
7.ねんねこよ
8.Electronic Parade
9.オキナワ
10.ありがとう
11.ごはんがたけた
12.故郷になってください

(ニュープライス版)+
13.月に降る雨(acoustic live version)

コチラコチラで全曲試聴できますよん。

※画像は、オリジナル版(¥2,905)。
ニュープライス版はコチラ→『No Control』(¥2,100也)
ジャケットは同じです。 オリジナル版しか画像がなかったの…。

あ、CDの盤面、オリジナルはタイトルが印刷されてるらしいですが、コレは真っ白け
でした。 歌詞カードもカラーコピーしたみたいな感じ。
私は、「聴けたらええ、読めたらええ」なんで、その辺こだわらんからオケですが。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitandou.blog10.fc2.com/tb.php/65-79f86539
このページのトップへ

◆今夜どこかで見える月


CURRENT MOON
moon phases

◆更新履歴

   9/24 『刑事コロンボ』カテゴリ追加。

◆ブログ内検索

◆FC2

  • RSS

◆管理人

  • 【堰屋ヒズミ(セキヤ・ヒズミ)】
  • ミステリとお笑い・カラオケ・ビールを
    こよなく愛す、半引きこもり。
  • 管理者ページ
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。